本サイトはMMO「Master of Epic」の非公式ファンサイトです。
サイト内の内容はプレイヤーが独自に想像、考察した内容を含み、「Master of Epic」公式のものではありません。
また、本サイトに記載されるスクリーンショットなどの画像や
ダイアロスの世界観・固有名詞などについて以下の著作権上の注意をご確認ください。

(C)MOE K.K. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社MOE及び
株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。

エルアン文明研究会

毎週火曜日・土曜日 23:00~ Pearlサーバー レクスール城門南の小部屋 で開催中
誰でもお気軽にお越しください!

2022/09/27定例会テーマまとめ

テーマ:ハティル砂漠の謎

文責:カザヒシ


〇ハティル砂漠の謎
・モラタワーの残骸部分は唯一MoEで家時代とPreで形状が一致する場所
・モラタワー部分が最古の建設個所とすると、アーレ部分が後
→モラタワーの方がアーレ内部より近未来的に見える
・ハティルアーレの手の込んだ謎解きは何のため?
→封印が目的なら単にアクセス不可にした方が
 →戦闘能力や思考能力を試す試験のようなもの?

・今のモラ族はハティル砂漠に関与していない?
→ハティル砂漠や他のモラ系遺跡を管理出来る能力がない?
 →ゲーム内だとスローリム平原やQoAくらいしか管理出来てない
・ハティル砂漠が「かつて世界の中心」であったことはビスクの調査隊も把握している
→モラタワーは当時から世界の中心として扱われていたのか?
 →移動の要所としての役割はあったかもしれないが、文化的な意味ではなさそう
・そもそもアルターで移動すればモラタワーを経由せずに移動が可能
→ノアピースに記憶がある場合だが、記憶がなければモラタワーでも移動出来ない
・本来はモラタワーを経由しないと各家Ageマップを移動出来ない?
→ゲーム的に便利にしてあるのか、アルター間で移動出来るようになったのが後なのか
 →実際には家移動の際はモラタワーを経由しているが、ゲーム的に簡略化されてる?

・Ancient Age実装時の特設ページにあった記載↓
 古代モラ人の本拠地『モラ・タワー』の中では、
 錬金術を利用した『種族の創造』が行われていた。

 そこでは、現代ではごく普通に生活する自分たちと同じような種族が、
 次々と創り出されていた。

・本拠地であったということは、居住区などもあり首都としての役割もあった?
→管理する側と製造されたホムンクルスの分、居住スペースなどは必要になるはず

 

次回土曜日(2022/10/01)はフリーテーマの予定です。

次々回火曜日(2022/10/04)のテーマは「モラタワーについて」の予定です。

2022/09/20定例会テーマまとめ

テーマ:フリー

文責:カザヒシ

〇各地の遺跡の建築様式について
・同じエルアン文明でも場所によって建物が違う
→建築様式、素材などがバラバラ
・イプス峡谷、レクスールヒルズは緑系で似ている
・賢王の間、エルビン渓谷の蜘蛛遺跡周辺は白っぽい
・ヴァルグリンド、火竜神殿は茶色主体
・材質は全て石と思われるが、素材も質感も異なるように見える
・石切り場っぽい場所は現存していない様子

・そもそも現代の家も地域毎に建築様式がバラバラ
・サスールは木造、瓦屋根の日本っぽい感じ
・エルビン、スローリムのオーガが住む家は木造建築
ドワーフの家は木造、石造に金属も使われているはず
・地下墓地はコンクリートっぽい
・ハティル砂漠は元々モラ文明のはずだが、アーレ内部は遺跡っぽい
→古代モラ文明なら箱舟遺跡の様にハイテク文明の印象があるが…?
 →当時の原住民と協力するなどして建築した?

次回土曜日(2022/09/24)はフリーテーマの予定です。

次々回火曜日(2022/09/26)のテーマは「ハティル砂漠の謎」の予定です。

2022/09/17定例会テーマまとめ

テーマ:マブ教の派閥

文責:カザヒシ

〇マブ教の扱われ方について
・イーノスがマブ教を語る時はかなりひどい言い方
・暗使ギルド自体は他のギルドともそれなりの繋がりがある
・ソウルバインダーは各地でいるため、マブ教徒だからと排斥されない
・どこのギルドもプレイヤーをWarAgeに送り込もうとする発言をする
→暗使も同様であるため、モラ族とも繋がりがあるはず?

・オリアクスはイーゴの暴挙を把握しているはず
→その程度では揺るがない忠誠心を持っていた?
 →何か理由があって見過ごしていた?

・イーゴ以前の団体はどういうものだったのか
・ニーナ曰く「普通の団体」だったらしいが……?
→バリバリのマブ教徒であるニーナ基準の『普通』が不明瞭
・はみ出し者や流浪者の集まりだった可能性も?
→教祖を暗殺すれば乗っ取れる程度には結束力の低い団体だった?

 

次回火曜日(2022/09/20)はフリーテーマの予定です。

次々回土曜日(2022/09/24)はフリーテーマの予定です。

2022/09/10定例会テーマまとめ

テーマ:ダイアロスの生態系

文責:カザヒシ

〇ペットのあれこれについて
・ドラゴン系は好物が鉱石やクリスタルという場合もある
→傭兵のお金など、食べる以外で嗜好品なども好物に含まれている様子
・MoEのドラゴンは鉱石を食べ物として摂取してる可能性も
バジリスクなどは食べてる?
・ノッカーは元ネタ的に鉱山に住んでいるはずだが、ダイアロスでは異なる
→竜の墓場なら鉱石はあるが……
・オルヴァン、ノッカー、スプリガンは見た目意外に何かしら共通項がある?

・マブ教徒には先代派、オリアクス派、イーゴ派など派閥が分かれてる?

 

次回火曜日(2022/09/13)はフリーテーマの予定です。

次々回土曜日(2022/09/17)のテーマはは「マブ教の派閥」の予定です。

2022/09/03定例会テーマまとめ

予定ではフリーテーマ、主にペットの話題に

文責:きみえ12号

・ペットやmobの設定
 ・アイテムテキストから読める事もある
 ・待機時に鳴き声を上げている種が結構いる
 ・デザコンペットは応募イラストにも描いてあったりする

・青ペットのうち、それなりに知能がある種族
 →どういう理由、理屈で使役出来る、されているのか?
 ・使用状況を見れば飼い主の権限は強制力が大きそう
 ・青ペットの能力は調教スキルの干渉を受ける
  →魔的な主従関係が発生している?
  →青ペットは地名付、つまりソウルバインドが関係している?
   →ペットの認識はどうなのだろう?
   ・一部の会話が出来るペットは深刻に捉えているようではない。
    →好意を抱かせるような機能もあるのか?
    
  →ペットを逃がすとどうなる?
   →野生のバエルやサキュバスは召喚ペットのなれ果て?
   ・外来種が何種類も定着してしまっている。
   

次回火曜日(2022/09/06)は「ペットの物語」の予定です。
次々回土曜日(2022/09/10)は「ダイアロスの生態系」の予定です。

2022/08/30定例会テーマまとめ

テーマ:「お化けの話」

文責:きみえ12号

・ダイアロスではアンデッドが発生しお化けは身近な存在。
 ・日々の暮らしに死者や不死者への対策は欠かせない。
 ・マブ教、回復魔法などがお化けへの対抗手段を内包している。
 ・亜人にもエクソシストなどの職があり死魔や回復魔法をあやつる。

→霊体状態なら人に憑依できる?
 ・ザハークはクレイトスの身体を乗っ取った。
 ・イーゴは触手に覆われたバハと一体化しているそう。

・プレイヤーキャラも死ぬと霊体になる。
 →ホムを使った転生とは、、、
 →青バハの触手シスターは誰なのか?

・バハのアンデッドはソレスの箱を落とす
 ・他のアンデッドはたいていゲオの箱
 ・ムトゥームの骨はユグの加護も持っている
  →アンデッドに加護を与えている神は複数?
   →アンデッドが動く原理は複数あるのか?
   →プレイヤーキャラの霊体も何らかの神の加護を受けている?

次回土曜日(2022/09/03)はフリーテーマの予定です。
次々回火曜日(2022/09/06)は「ペットの物語」の予定です。

2022/08/27定例会テーマまとめ

テーマ:カオスエイジについて

文責:カザヒシ

〇カオスAgeについて
・各種ゲートキーパーSGKの様に元は人間だったのか?
・カオスウンディーネなど、カオスの名を関するものはどういう立ち位置?
インフェルノの名を持つIGKはエルアンに関連している要素?
→ソードオブインフェルノリターナーオブインフェルノなどがエルアン関係のため
 →火竜神殿にもIGKWが出現する場合がある
・モンスター人形のアイテムInfo(見つけた範囲のみ)
『闇に塗りつぶされた瞳が哀愁を指そう SGKの第2形態』
『哀しげな面影が秘められた過去を思わせる WGK/LOCの置物』(WGKとLOCは共通)
・少年ユンの物語から考えると、ゲートキーパーが肉体を乗っ取るような形で実体化?

・カオスAgeで死ぬとアイテムがなくなるが、カオス装備や関連アイテムは逆
→プレイヤーの命とアイテムに繋がりが出来ている?
 →見合った能力を持つものでなければ装備出来ないシップ装備と似た理屈?

・WGKはそれっぽい部分はあるが、一番人間から離れたフォルム
・風属性ではあるが、風や雷ではなく煙や蒸気の要素が強い
・ロットンスティームの技名から考えると、動力源は腐敗ガス?

 

次回土曜日(2022/08/30)は「(ペットの)テクニック名の不思議」or「お化けの話」の予定です。

次々回火曜日(2022/09/03)はフリーテーマの予定です。